畜生育成計画。

《日々の生活記録的ななにか》

20170809

8月半ばに差し掛かる今日この頃。
台風が過ぎ去って気づいたことがある。

 

上昇する室温に除湿が通用しない。

 

いままでは除湿のおかげで湿度的にも気温的にも快適に過ごせていたのに、
最近では除湿では追いつかなくなってきているのだ。

 

かといって冷房にすると電気代がかさむし・・・。
ぶっちゃけどうなんだろうね。
冷房と除湿ってどっちが電気代食うんだろう?

 

よく耳にするのは冷房より除湿のほうが電気代高い説。
しかし調べてみると条件があることがわかりました。

除湿の種類は実は二つあります。
エアコンの機能や型番にもよりますが、①弱冷房除湿と②再熱除湿というものがあります。
弱冷房除湿は一般的に使われている湿度も下げて気温も下げるタイプの除湿です。
一方再熱除湿はハイテクな機能の扱いになるんでしょうかね、一度取り込んだ湿度を温めなおして冷たくない空気をリリースするという微妙なシステム。
梅雨の時期とかで湿度は高いけど夜は少し肌寒い日とかに利用する機能らしいです。

 

・・・・毛布で良くない?

 

 

そして一般的には再熱除湿>冷房>弱冷房除湿の順で電気代が上下するそうです。
弱冷房除湿最強説浮上しましたね。こいつぁ。

 

こまめにつけたり消したりするのとつけっぱなしにするのとでは、どちらが電気代を食うのか・・・。
こちらも調べてみましたが諸説あるようです。
エアコンを起動したときの設定温度と気温差が小さいとエアコンがその気温差を頑張って埋めなくていいので稼働にかかるエネルギーが減るためおのずと電気代は少なくなります。

要はつけたときの気温差ですね。
外出中消して帰ってきて蒸し暑くなってる状態でまた頑張って冷やしてもらおうとすると電気代を食うわけです。

f:id:kurosawakun:20170809225925j:plain


戦闘が始まっていきなり界王拳使うのと一緒です。あとから負担が来ます。(※主に財布に)

起動する回数というより、いかに頑張らせたかが電気代に影響するということですね。
なのでエアコンをつけるときは窓には遮光カーテンを引いて気温の上昇をなるべく抑えるなどの工夫があると気温差が埋められていい感じになるということです。

 

まぁ手っ取り早いのは日中はファミレスとかに避難するのが一番です。
夜間は諦めて冷房or除湿を使いましょう。
アイスノンも効果的ですよ。意外に使えますこの子。
ちょっと冷凍庫くさいのがたまにきずですが。