畜生育成計画。

《日々の生活記録的ななにか》

20170710

夏らしいことをしようということで後輩と海岸に焼肉に出かけた。

 

天下のAmazon様で注文した七輪をもって近所の美味しい精肉店へ。

前回寄ったとき同様肩ロースのチャーシューが美味そうだったが、すでに焼けているのでぐっとこらえてカルビを注文。

普段肉を買わないからg単価どのくらいの量とかがわかんないという。

 

優しい肉屋のおじちゃんに大まかな量を見せてもらいつつラムチョップ・味付き牛カルビ・霜降りカルビ・厚切り牛タンを購入。

 

肉への好奇心で自然とテンションが上がりだす二名。

 

 

後輩の提案で白飯を買うためにOKストアへ。

なぜかこれから肉を食うというのに家を出る直前にスパゲティ茹でてくってしまった管理人。白米はたぶんいらないんじゃないだろうかと自己中心的な見解を述べるが後輩がここは譲らず強行で購入。

 

これが後に大正義の英断であったと気づくのにそう時間はかからないことにこの時まだ二人は気づかなかった。

 

 

浜辺近くの駐車場に着くと異常に日差しが強いことに今頃になって気づいた管理人。

 

『こりゃ焼肉の前に脳みそが蒸し焼きになっちまうな・・・。』

内心でそうぼやくとしっかり後輩が帽子を持ってきていることに軽く嫉妬。

『あー帽子か。完全に日射のこと考えてなかったわ。』

 

後「雑巾ならありますよ。」

 

あまりにも唐突な主従関係の逆転である。

 

 

『いやきみ・・・雑巾て。』

 

後「新品ですけど」

 

新品なら・・・まぁいいのか?

 

バックトランクの中をしっかり探すと贈答用の手拭いがあったのでそちらを借りることに。なかなかに便利グッズの入っている後輩の車。

 

 

駐車場から浜のほうに向かう思いのほか風が強い。

そして海がなんだろう・・・茶色い。あれはプランクトンだろうか。

 

 

月曜日だったのもありほとんど海水浴客はいなかったが、数名泳ぎに来ているらしき男女を確認。

あんなプランクトン(?)だらけの海によく入ろうと思ったな。

絶対に数匹は尿道の途中まで駆け巡ってると思うんだが。(※当てつけ)

 

 

 

 

まあ我々は海に入らないから知ったこっちゃないが。

そんなことを思いつつ欄干の下で火おこし開始。

 

f:id:kurosawakun:20170710232711j:plain

 

煙突効果で火おこしができる炭壺を使い火おこしを試みる。

先程も申した通りだが風が強い。

 

びゅおっ!ぴちっ!(目に砂が勢いをつけて入った音)

 

『・・・。』

 

びゅおっ!ぴちっ!(目に砂が勢いをつけて入った音)

 

 

『・・・。』

 

 

びゅおっ!ぴちっ!(目に砂が勢いをつけて入った音)

 

 

『ああああああああああああ!!!

めっちゃ砂とんでくるんだけどもっ!!』

 

 

 

強風すぎて火も起きる前に風前の灯になってしまっている状態。

 

後輩「くろさんこっち若干無風ですよ。」

 

後輩の手引きで欄干の麓の積みあがったコンクリートの陰に七輪ごと移動。

 

なんだかんだやってるうちに火が起こるまで2時間かかりました。

 

 

しかし七輪の遠赤外線効果で焼き上げるお肉たちはどれもスーパースター級に美味かった・・・!

 

f:id:kurosawakun:20170710232741j:plain

 

そしていい感じに冷めた冷や飯が美味いこと美味いこと。

 

火おこし2時間、

食事1時間、

後片付け1時間というなんとも微妙な時間配分。

 

 

 

次は秋頃に秋刀魚と焼き芋をしてみたいところ。

火おこしには苦戦しましたがコツをつかめば次回はもっと手早くできるはず。

みなさんもご家庭に七輪一台おすすめですよ。

 

 

変な意味ではなく。(あくまで調理用です)