読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畜生育成計画。

《日々の生活記録的ななにか》

忘年会in新宿・築地。

 

昨日今日にかけて中学からの友人と忘年会に繰り出してきた。

友人が午後8時ころまで講義だったのでそれが終わってから新宿で合流。

新宿に向かう電車でやたらえづくおっさんに隣に座られたことと綺麗なおねーさんにヒールでつま先踏みつけられた以外は今のところ順調、

新宿に着くと友人らしき人物を発見したので近寄り、

自「すみません、新宿駅ってどっちにいけば見えてきます?」

友「いまいるとこだろ」

・・・茶番を終え無事合流。

 

ひとまず思い出横丁で飲みつつ今宵の作戦を練ることに。

一応目的はあって普段自分がよく聞くDJが本日青山のゲストハウスでゲストDJをするらしいのだ。そこのオープン時間が22時だったためそれまで時間をつぶし向かうという算段だ。

昨日今日で大分冷え込んでいたのもあり芋焼酎のお湯割りがジンワリと体を芯から温めてくれているようだ。

とここで居酒屋のメニューに「どぜう鍋」なるものを発見。

自「なぁドジョウって食ったことある?」

友「いや、ないなぁ」

自「鍋あるけど食ってみねぇか?」

友「いただきましょう、すみませ~ん!」

注文用押しボタンがあるのに入店後からなぜか自家発電で店員を直接呼び止め続ける友人。

隣の席に座ったカップルもシステムを勘違いしたのか直接呼び連発。

 

注文から数分経って どぜう鍋 到着。

f:id:kurosawakun:20161126195401j:plain

 

なんというか見た目はウナギの稚魚っぽい。

・・・・いざ実食。

思っていたほど泥臭さはない。まぁこんだけ大量にゴボウとネギが入ってたら臭みもくそもないっちゃないのかもしれない。

結構煮込んであるのか骨までまるごと食べられた。美味しい。

 

とここで友人が、

友「こないだ知り合いとガールズバー行ってきたんだけどさ、社会経験ってことで行ってみないかい?」

自「社会経験なら仕方あるまい」

友「前回のお店の雰囲気よかったから同じとこ行きたいんだけど、店の名前忘れちゃってね」

印象が良かったのに店名を忘れてしまうものなのか、と内心でツッコミをいれつつ、

以上の流れから居酒屋を後にし前回行ったというお店探しの旅が幕を開けた。

(※ド〇クエのテーマ曲が脳内で再生開始される。)

てーててーてーてーてーてーてー↑ てーててーってててれてーれー↓

てーててーてーてーてーてー ててれてー(すみませーn)・・・

(おにいさーん!)(無視しないでー!)

 

うるせぇな。

せっかく人が冒険気分に浸っているっていうのに・・・!

なんだ?魔物か?

 

【キャッチのお兄さんが現れた!】

 

出ました。夜の新宿のもはや名物になりつつあるキャッチのお兄さん。

兄「おにいさんこれからどこ行くの?いいお店あるよー。」

うるせぇ、このバブルスライム

友「ラーメン食って帰るんで」

兄「あ、そっすかー」(バブルスライムは逃げ出した)

・・・・。

自「何その言い訳!めっちゃ便利じゃん!」

友「まあな(ドヤ)」

一種の感動すら覚える神対応

バブルスライムが捨て台詞で「駅そっちじゃないっすよ」って言ってたのは心苦しかったが群れを撒いてなんとか目的地にたどり着くことができた。(結局自力で発見できずその辺の別のバブルスライムに特徴伝えて連れてってもらった)

 

お店に入ってお酒を注文。

ガールズバーっていうか・・・スナックだね。

カラオケマシンから鳴り響く「君の名を」の主題歌。熱唱する仕事帰りのサラリーマン。(ぜひとも前前々世に帰っていただきたい

同世代のおねーさんと 誕生日プレゼントにもらってあんまり嬉しくないもの という他愛のないテーマで語らった後、いい時間になって来たので店を後にし青山のゲストハウスへと向かう。

 

郵便番号から検索した場所にタクシーで向かうと錆びれ果てた商店街に到着。

 

 

・・・え、ここどこぞ?

 

 

人の気配はあちらそちらからするものの、ゲストハウスの存在する位置にはぼろっちい薬局が直立。我々をゲストする気皆無。

 

路地裏とかにあるのかと模索するもののパトロール中のパトカーに警戒される始末。

お巡りさん僕たち一般人です。

自「見当たらねぇな」

友「そもそもこの辺青山じゃないしね」

自「!」

 

地図を見直してみるとゲストハウスの近くには青山大学があるし・・・

うーん、どうやらこの辺じゃないっぽい。

 

タクシーを使って今度は青山大学付近で探すこと10分弱。お店発見!

ハウス内に入ってみたが、どうやら目的のDJはもう終わってしまったようだ。

10分ほど音響に心臓負荷をかけられたのち退店。何しに来たんだろう

 

おなかが減って来たので渋谷まで歩き、一蘭で豚骨ラーメンに貪りつく。

疲弊しきった体に濃い味の豚骨が染み渡る・・・!

替え玉2回注文しお腹も満たされたことで眠気が襲ってきた。

 

近隣のレンタルDVDショップ始発まで時間をつぶすことに。

自分はゲレンデのスノボーテクニック、友人はバットマンをそれぞれ鑑賞しつつ仮眠。

 

夜も明け6時頃・・・

 

意外と近いことが発覚した築地。

海鮮丼を食べようということになり出発。

かなり寒かったが食欲をそそる匂いがあちこちからしてただいるだけで結構楽しかった。

途中でテリー伊藤のご家族さんがやっている玉子焼き屋さんに遭遇し100円という破格で串焼きの厚焼き玉子を実食。

f:id:kurosawakun:20161126203708j:plain

程よい甘さでめっちゃうまい。

 

また、途中でやたらと行列ができているモツ煮屋さんもありモツ丼を注文して食べたが・・・

なんだろう・・・

 

味がない。

 

匂いだけはかなりいい匂いで、きっと集団心理相乗効果を狙った新手の食品テロかなんかだったのだろう。

大分暴飲暴食をしたが我々の少し早めの忘年会はこうして幕を閉じた。

次回は横浜の野毛とかでおでんを食いたいな。