畜生育成計画。

《日々の生活記録的ななにか》

童話とかのタイミング性。

桃太郎っていますよね?

鬼退治で有名な知る人ぞ知る童話の代表格ですね、ええ。

 

おばあちゃんが川で洗濯してたら上流のほうから桃が流れてきます。

環境汚染が騒がれる昨今の現状ではそこら辺の川なんかで衣類洗ったらプランクトンとかバクテリアとか付着して一大事ですけど、世界中には飲めるくらいきれいな生水があるくらいだからきっとこの日本童話の老夫婦が住んでいたところは北欧の自然豊かな秘境とかだったんでしょうね(矛盾)

まあこの辺が童話の面白いとこでもあるんでしょうが。

そんな桃太郎ですが、あくまで拾い食いを目的とした老婆に川から拉致されます。

持ち帰られた桃は帰ってきたおじいちゃんも交えて逃げることのできない状況のさなか包囲され鋭利な刃物を向けられるわけです。

一般的な物語ではこの後うまい具合に老婆の会心の一撃を躱し物語の主人公としてめでたく生誕するわけですけれども・・・

 

正直な話、九死に一生です。

 

川に流れていた衛生面的にかなり不安な桃を、それも異様に巨大な、

そんな桃をかっさばいて吟味しようとしている時点でこの老夫婦よほどに空腹であると考えられます。

そんな貪欲な一撃を生まれてもいない赤子のステータスで避けられる時点で鬼退治なんて余裕だと証明しているようなもんですね。あっぱれ。

 

ちなみに絵本とかだといい具合に内容を改変し、巨桃を切った際に中からベイビーが生まれ子孫に恵まれなかった老夫婦に事実上養子ができました やったね!的な感じになってますが、なんかの文献で読んだ私の記憶が正しければ・・・

 

貪欲な老婆が自宅に桃を持ち帰るとこまでは流れ的に一緒ですが、

その先がちょっと違います。

 

まず桃の中に回避スキルを極限まで極めた赤子は入っていません。←ここ大事

ばばぁの体力でよく自宅まで持って帰ってこれたなというほどの大桃を老夫婦のみでなんと平らげてしまうのです。・・・フードファイター

 

そして桃を食い尽くした老夫婦はその夜激しいプロレスをします。

大人の事情でプロレスという言い方をしていますが、早い話 夜の営みです(直球)

桃食って若返ったとか、精力増強効果があったとか諸説ありますが、まあ絵本に載せられるわけないですよね。

温かみのある絵柄でエロシーンなんて書かれた日にはもはや国を揺るがす大事件です。小さなお子さんに質問攻めにあうであろう全国のお母さま方は間違いなく発狂します。

 

話が大分脱線しましたが、タイトルにあるようにタイミング性はいつの時代も重要だな~ってことが言いたかっただけです。

九死に一生を得た桃カットの瞬間も偶発的に老婆の会心の一撃が外れたがゆえに将来の英雄は生誕を目前にして絶命という悲劇に見舞われずすんだわけですし、そもそもまず老婆がその日川に洗濯に行って桃と鉢合わせしなかったら自重で溺死していたかもしれなかったわけです。

 

恋愛とかも一緒ですね、行動一つとっても奇跡の連続です。

自分で書いてて方向性がわけわかんなくなってきました。

 

とりあえず桃太郎ドリームじゃないですが年末ジャンボでも買おうと思います。